頬骨|整体師が教えるエラ張り解消術


頬骨が出っ張っている事でエラが張っているように見える事があります。
頬骨は頭蓋骨のゆがみが主な原因とされており、これを改善するためには骨に精通した整体師の手によって正してもらう、もしくは自身の手でマッサージしてあげる事で改善されるケースがあります。
では、そもそもなぜ頬骨が出っ張ってきてしまうのかというと、以下のような原因が考えられています。

 

  • デスクワークをしている

    これは普段からスマホを使っている方にも言える事ですが、デスクワークをしているとどうしても表情筋がこわばってしまう事があります。
    ただこの場合、頬骨自体が突き出ている形ではなくストレスで膨張した頬骨筋が出てきている事がほとんどです。
    頬骨筋が凝っていると自然と頬にもくぼみが出来てしまい、これがエラ張りに見えてしまうという訳です。

  • 視力の低下・カラコンのつけ過ぎ

    スマホやゲーム、パソコン等の見過ぎによる視力の低下やカラコンのつけ過ぎによる眼精疲労が元で目周辺の筋肉が凝り、頬骨はもちろんおでこなども盛り上がってくる事があります。
    この場合放置しておくと目が開きづらくなったり、目の大きさが異なる現象に見舞われる事もあるので早急な対応する必要が出てきます。

  • リフトアップマッサージのやりすぎ

    表情筋が凝っているならこれをほぐす事で顔全体がシュっとするのでは…とマッサージに励む方も多いと思いますがやりすぎは要注意。
    頬骨を無理に上げる形になり不自然な顔立ちになってしまいます。

基本的に考えらえる頬骨が出る原因を見てみると、多くは筋肉の凝りによるものでした。
エラを解消するために注入したボトックスの結果、頬骨が目立つようになってしまったケースもあるようです。

 

ではこれを改善するためには何をしたらいいのか、ある整体院でおすすめとされている方法をご紹介していきたいと思います。

 

まずは温冷療法で筋肉をほぐしてあげよう

筋肉の凝りと言えば入浴です。
肩こり腰痛等、一時的とはいえ入浴するだけでホっと楽になりますよね。
しかし、顔はどうでしょう。
顔全体をゆっくり湯舟に浸からせるなんて事は、まず出来ないと思われます。
そのため、どんなにお風呂好きな方でも顔の凝りだけはほぐす事ができないのです。

 

なのでまずは、洗面器等にお湯と水を用意し順番に5秒ずつ顔を浸からせていきます。
1回に行う回数は大体5往復程
週2回が理想とされていますが、なるべく早く効果を実感したい方は毎日やっても問題ありません。
冬はサウナやホットヨガを活用するといいでしょう。
筋肉をほぐす事で後に行うストレッチやマッサージも、より効果的になるのでしっかり温冷療法をしていく事をおすすめします。

 

頬骨マッサージのやり方

 

頬骨のマッサージを行う際のポイントは、指をしっかり当て上下左右円を描くように行っていく事です。
力を入れすぎると良くないとも言いますが、あまりに緩くやってしまうとただ皮膚を動かしてるだけになるので指はしっかり密着させて行うようにしましょう。
またテーブル等に肘を置いた状態で行っても◎
耳周辺からこめかみを経由して頬骨の中心に向かってマッサージしていきましょう。
一度マッサージを終えたらアイスノン等で冷却してあげる事も大切です。

 

他にも、タコのように口を前に突き出すだけというストレッチ方法でも頬骨を正す事ができると言われています。
ただやりすぎると逆効果になるので、適度に行うのがおすすめです。

 

注意

整体師は基本的に特別な資格がなくても出来る職業となっています。
そのため医療知識がないのはもちろんですが、中にはお金儲けのみが目的の悪徳整体師が混ざりこんでいる可能性もあります。
実際に整体で頬骨を矯正してもらった方の中には、逆に弊害が出てしまったという方もいるので整体院を見つける時は、より慎重に行っていく必要があります。

 

名古屋にあるおすすめの美容クリニックやエラボトックスについての詳細(種類やダウンタイム等)に興味のある方はトップページをご覧ください。