授乳中、妊娠中のエラボトックスはNG?その理由とは


どんなに年齢を重ねても若々しい顔立ちに憧れを抱くのは、女性の常です。
そんな時、ちょっとした美容整形を視野に入れる方も数多くいると思います。
しかし、日々忙しい毎日を送っていると中々クリニックに足を運べないケースもある事でしょう。
数ある整形術の中でも注射だけで済むエラボトックスと言えど、できることならゆっくり時間が取れた時に行っていきたいですよね。
それこそ例えば産休中のついでに…という方もいるのではないでしょうか。

 

ただ残念ながら、エラボトックスは誰でも施術が受けられるという訳でもないのです。

 

妊娠中、授乳中のエラボトックスについて

これはどのクリニックでも同じ事なのですが、原則として妊娠中の方にはエラボトックスの注入が出来ない仕組みになっています。
エラボトックスは、ボツリヌストキシンという毒素が元になっている製剤のひとつです。
もちろん通常使う際は安全性が高く大きなトラブルが発生したという報告も上がっていないのですが、妊娠中となるとそういう訳にもいきません。

 

というのもボツリヌストキシンという毒素が、お腹の中にいる胎児に悪影響を与えないという確かな保証がないのです。
どんなに安全性の高い製剤でも、母体や胎児に負担がかかる恐れのある事をクリニックは致しません。
これからお母さんになる方にとって何より大切な事は、元気な赤ちゃんを出産する事です。
美容整形は命に関わるような手術を行う訳ではないので、決して焦らず出産後落ち着いてから足を運ぶ事をおすすめ致します。

 

授乳中もNGなのか?

出産後は赤ちゃんに母乳を与える時期があります。

自身のお乳を飲ませるので、当然授乳中も良くない影響を与えてしまうのでは、と不安になりますよね。
確かにエラボトックス注入後母乳に影響があるとは言われていますが、その時間は短く2時間程でほとんど影響はなくなるとされています。
クリニックによって丸一日授乳を控える指示はあるかもしれませんが、妊娠中と違って拒否される事はなく、施術を受け入れてくれるところがほとんどです。
ただし、医師の指示に従って生活する事を忘れないようにしましょう。

 

まとめ

エラボトックスは妊娠中はNGですが、授乳中はクリニックの指示に従えば施術が可能となっています。
妊娠中でもほとんど影響はないと言われていますが、絶対に安全とは言えないため万が一に備えてこのような対策をとっています。
もし足を運んだクリニックで「妊娠中でも問題ない」と施術を薦めてくるなら、その医師を信用してはいけません。
決して焦らず信頼できるクリニックのもと、安全なタイミングでエラボトックスを注入していくようにしましょう。

 

名古屋にあるおすすめの美容クリニックやエラボトックスについての詳細(種類やダウンタイム等)に興味のある方はトップページをご覧ください。