エラの張りをセルフチェック!自分で確認する方法とは

人より顔が大きく見える原因のひとつがエラ張りです。
エラが張っていると少しゴツゴツした印象を与えてしまい、程度によっては怖いと思われてしまう事もあります。
そこでおすすめとされているのがエラ張りを解消する事ができるプチ整形術です。
しかし、同じエラ張りでもエラが張る原因に合わせた施術を行わなければその効果を得る事はできません。

 

エラが張る原因は主に2つ。
筋肉骨格、どちらかが元になっている事がほとんどです。
場合によっては自力でエラ張りを解消する事もできるので、まずは自分がどのタイプのエラ張りか確認しておくといいでしょう。

 

 

エラが張る原因なんてどうやって確かめればいいの?


もちろん美容クリニックの医師に診てもらえばすぐに分かると思いますが、自分で簡単に確認する方法もあります。
無料カウンセリングを実施しているクリニックは多いけれど中々行く時間が取れないという方は、まずこちらを試してみるといいでしょう。

 

筋肉?骨格?簡単チェック法

  1. 頬(エラ部分)に手を添える
  2. 歯をぎゅっと食いしばる
  3. イーという口の動きを繰り返す

これだけです。
この時、エラの部分がイーという動きに合わせて盛り上がる場合は咬筋(こうきん)の発達が原因と考えられます。
反対に全く盛り上がる気配がない場合は元々の骨格が、そのような形になっているのだと考えられます。

 

また、単純に脂肪がついている事でエラが張って見えるケースもあります。
エラ付近の脂肪をつまんでみた時に8ミリ以上つかめる場合は、まず脂肪が原因と考えていいでしょう。
では原因が分かったところで、それぞれどのような対処方法があるのかご紹介していきたいと思います。

 

原因判明!エラ張り解消するために出来る事
  • 筋肉が原因の場合

    まず自分で出来る事と言えば、マッサージをする事です。
    エラは咬筋の発達が原因だけでなく、凝っている事で張っている可能性もあります。
    これを優しくほぐしてあげる事で、少しずつ改善していく事が可能です。
    美容クリニックではボトックスによる治療が推奨されています。
    ボトックスは筋肉の働きを抑制する効果があり、これを一定期間空けて繰り返し注入する事でエラ張りを改善していく事ができます。

  • 骨格が原因の場合

    骨格は根本的な問題となるので、美容外科クリニックで骨削り等の処置をしてもらうのが最善の策とされています。
    注射による施術と違い切開する必要があるので、骨の手術に長けた経験豊富な医師を見つける事が成功へのカギとなります。

  • 脂肪が原因の場合

    脂肪は地道にリンパのマッサージを行っていく事が最適とされています。
    ダイエットで体重を減らす事はできても顔の脂肪は落ちづらいと言われています。
    なので、脂肪によるエラ張りが気になる場合はボディだけでなくフェイスマッサージも積極的に行っていくといいでしょう。
    それでも難しい場合は、脂肪溶解注射を注入してもらうという方法もあります。
    自身で中々決められない場合は、思い切って美容クリニックに相談してみる事をおすすめ致します。

エラ張りの主な解消方法について、こちらのページにも掲載しています。
エラ張り解消に効果的なリンパマッサージについて
頬骨・エラ削りって何するの?施術の詳細をご紹介

 

エラ張りの原因を自身の手で確認し、自分に適した改善方法を見つけていくようにしましょう。

 

名古屋にあるおすすめの美容クリニックやエラボトックスについての詳細(種類やダウンタイム等)に興味のある方はトップページをご覧ください。